ラクに生きるために捨てて良かった感情5つ

無駄な感情のせいで生きづらくしているのは

自分のせいにしていませんか?

今回、もっと人生をラクに楽しむために

捨てて欲しい感情を5つ紹介します。

  1. 被害者妄想
  2. 自分へのマイナス意識
  3. ストレスから逃げたい感情
  4. 他人が変わってくれるという期待
  5. 失敗したくない感情

0.はじめに

コロナ禍の中での生活も1年以上経ちますね。

コロナ禍で今までのように思い通りにいかないことがあったと思います。

私もコロナが流行していなければ・・・って思ったことがあります。

今ではマスク生活が当たり前となった日常ですよね。


でも、マスクの下で相手が笑っているのか、

どんな表情をしているのか、

話している内容より相手のことが気になったことはないですか。

本当のところが多少わからない

不自由な1年だったような気もします。

その一方で、

自分を肯定できる自尊心というものが膨らんだ

1年でした。

もしかしたら、今まで生きてきた中でとっても生きやすかったかもしれません笑

この5つの感情を私はコロナ生活の中で捨てたおかげです。


1.被害者妄想を捨てる

今までに一度は

「私だけなんで副業うまういかないの..」

「誰も私を評価してくれない」

と思ったことはありませんか。

この被害者意識はデメリットが多いです。

自分がうまくいっていないことに集中している状態ですし

「今の自分が幸せでない」理由を

周りのひとや世間のせいにしてしまったり..

惨めな自分をつくりだしてるのは

自分自身なんですね。

被害者意識を捨ててしまったら、

「こういう考えの人がいるんだな〜」

「こんなこともあるよね〜、まいっか」

って思うようになります。

自分を生きることがリラックスしてできますね。


2.自分へのマイナス意識を捨てる

幼い時に両親や周囲の大人から言われた

「あなたは頑固だね」「あなたは真面目だね」

なんて言われたことはないですか?

そして、その言葉を自分の短所だと思い込んでいませんか。

嬉しい感情で受け止められなかった言葉は

悪いイメージで残っていたりしますよね。

自分へのマイナス意識があるせいで

自己効力感《私ならできる!って気持ち》

が低くなってチャレンジすることが

できないこともあります。


3.ストレスから逃げたい感情を捨てる

ストレス=人生のスパイスです。

何かしら成長するための多少のストレスは受け入れます。

ストレスがない人生、それは成長のない人生です。・・・正直、イヤですよねw

小さなストレスはwelcome〜くらいの心構えで良いんです。

はじめっから、身体を整えるためのエクササイズや筋トレが全部ラク〜!

ってなると、ほんとに進化してる?効いてる?

ってなりますよね。

ただし!過度・長期的なストレスからは逃げた方がよいです。

人間関係や仕事環境など、毎日・毎年ず〜っと継続するストレスは、逃げられるように準備おきましょう。

例えば..

もし感情が爆発して、明日会社を辞めてしまうかもしれないけど.. 副業で5万円稼げる状況を作っておいた上で、実家に帰ろう

などなど、あらかじめイメージしておくだけでも、長期的なストレスから逃げられます。

幸せホルモンの作り方


4.他人が変わってくれるという期待の感情を捨てる

過去と他人の気持ちは変えられません。

変えられるのは、今と自分。

そしてその結果の未来。

たとえ家族であっても、心をわかり合った幼馴染でも、他人を変えることは出来ません。

「あの人の冷たい態度が変わってくれたらな〜」

「悪口を言うのやめてほしい」

「えらそうにマウントとってくるのが不快」..

そう思って、願って、お祈りしに行っても他人は変えられないです。

それでも私たちができることは

変わってほしい相手に《気づきの種をまく》くらいです。

他人を変えたい〜!!って思うだけの時間を

自分に向き合う時間に使いましょう。

自己投資に使った時間は、自分次第で

未来につなげることができるので

無駄になりません。


5.失敗したくないって思う感情を捨てる

失敗というものは、自分の感情が決めるものです。

同じ出来事があったとしても、とらえ方次第です。

例えば..

これから夏休み!キャンプに行くのが楽しみ!なのに、右足を骨折してしまった。。

最悪。。ずどーん。。

ですよねw

ただここで、ラッキーだ!って思う強者がいます。

「夏休み中でよかったよね、ゆっくり休めるし」

「足で良かったよね、頭だったら大変だった」

「手が動くからしばらくは在宅ワークできて嬉しい」

こんな考え方ができるひともいます。

そう、全ては自分次第です。

失敗が怖くて何もしない、

傷つきたくて同じ場所に居続けるのは

後悔ばかりを生みます。

成功するまでやる、自分が満足できるまで追求する、これができる人の人生には、一見「失敗?」と思われがちな貴重な経験がたくさんあふれています。


まとめ

あなたの中にも、実は気づいていないだけで手放した感情があるはずです。

身体や心が軽くなったなら、きっとそう!

私たちがEASY《ラクに》自分の人生を歩むために

余計な感情は手放して良いのです。

自分から捨てた感情は、跡形もなく無くなっていくので

気づくのが難しいですよね。

1年前の自分と比べて、

「あっ、この感情手離しているな〜」

って思うことに、ぜひ気づいて自分で自分をほめてみませんか。
自分に優しくできる瞬間をぜひつくってくださいね。

*おしまい*

 

おすすめ