苦手なひとが〈おもしろい〉に変わる考えかた

あなたの苦手な人が〈おもしろい〉に変わったら・・

毎日がラクになることが増えるはずです。

 

『他人に対する苦手なコト』
言語化するとスキに変わることがあるかも!?って話をシェアいたします。

 

ちょっと辛いかもしれませんが
あなたが苦手だと思っている人を
少しだけで良いので思い浮かべてみましょう。

過去でも・今でもOKです。

たくさんいる方もいれば、そうでもないひともいるし、、、
本当に人それぞれだと思います!(ちなみに私はいます。笑)

今回は、あなたが今思い浮かべた苦手なひとに対しての
考え方が少しでも変わるお手伝いが出来たらいいなと思っています^^


1.苦手を言語化する
2.相手と自分の違いを知る
3.苦手な感情もOKと認めてあげる


0.はじめに

苦手なひとがいることは決して悪いことではありません。
10人いたら10人考え方が違うと思ってOK!

まずは、あなた自身を否定するのではなく
どう付き合っていくか・向き合っていくかを一緒に考えていきましょう。

最終的には苦手なひと・ちょっと合わないなと感じるひとがいる
自分にもOKサインを出せるようになれるといいなと思っています。


1.苦手を言語化する

なんか、あの人苦手」という言葉!正直、かなり抽象的ですよね。
そもそも、なんで苦手なのか、なぜ苦手になってしまったのかわかりますか?

なんで?なぜ?の部分が分かってくると
苦手」という言葉でひとくくりしなくなり
理由」が分かるだけでもラクになることもあるのかなと思うんです。

例えば

「あの人の〇〇な部分は私にとって苦手」

(〇〇に入るのは考え方・仕草・言葉など自分が感じるものでOK)

この〇〇に入る部分を掘り下げて細分化していくと
あの人の何が苦手なのか具体的にクリアになっていきます。

言語化することで

私はこの人が苦手→私はこの人の〇〇な部分だけが苦手

に変化していくと思います。

もしかすると
過去の出来事から〇〇に入る部分が繋がっていたり
〇〇の部分が自分との考え方の違いだったり、環境の違いだったり

原因を知ることで、「なぜ〇〇な苦手に対して反応してしまうのか」
ということも知るきっかけになるんじゃないかな〜って思います。


2.相手と自分の違いを知る

苦手な原因のひとつにお互いに理解出来てないということもあると思います。

例えば
この人は、なんでこんな言い方するんだろう
なんでこんな行動するんだろう

このような違いから、理解に苦しむことはありませんか?
(わたしはたまにありますよ‼︎笑)

このような違いは
思想・目指していること・大切にしているコトが相手と違うため
理解が出来なかったり、噛み合わないことから感じる不調和が原因だと思います。

違い=個性・才能

という言葉があるように
自分にはない個性・才能を持っているのかもしれないと
予想をしてみると相手を知るきっかけに繋がっていくかもしれません。

自分と相手との違いを
知っている知っていないかで気持ちがラクになっていくのではないでしょうか。

加えて、あなたがコミュニティーの中にいる時も同じです。
浮いてる?ちょっと周りと考えが違うかも?
と感じた時は「違い=ダメなこと」と考えずに
「この違いの感覚は私の個性なんだ」と認めてあげましょう。

きっと、自分も他人も認めていける
新しいあなたに変化していくのではないでしょうか。


3.苦手な感情もOKと認めてあげる

苦手な人がいる自分を許していますか?

苦手な人がいると自分に対して嫌になってしまうことありますよね。
(実際、わたしもありました!)

感情を抑えたり・なかったことをすることは
結果的にあなた自身を苦しめてしまいます。

自然な感情を認めて、なぜこの感情が出てきたのか、掘り下げてあげましょう。

なかったことにするのではなく
原因を知ることは自身の感情をも大切にすることに繋がってきます。

辛いと感じている感情をなかったことにして、やり抜こうとするのではなく
感情をありのまま受け止めてあげることにOKサインを出していきましょう。

もしかすると、過去の出来事から繋がっていたり
お互いの考え方・大事にする部分の違いだったり、環境の違いだったり

原因を知ることで
〇〇の〇〇な部分が原因で苦手という感情が生まれていたんだ。
というあなた自身の本音を知るきっかけにもなりますしね。

相手を理解する前に
自分の感情を知り、認めてあげることもしていきましょう。


まとめ

ここまで苦手なひとに対しての感情がラクになる考え方について話してきました。

苦手なひと、苦手なひとって、、
なんだか酷いよ〜!と思われるかもしれませんが
ほとんどの人が、「ちょっと合わないな」という経験あったんじゃないかな?と思います。笑

まずは、苦手な感情が生まれてきたとしてもOKサインが出せるように
そして、なぜその感情が生まれてきたのかを掘り下げられるように
あなた自身の気持ちと向き合っていくワークをしていきましょう。

きっと、相手との違いに気づけて、「苦手だ」という言葉で終わらずに
相手の新たな面を見つけられるきっかけになっていきますよ。

最終的に苦手から相手に対して「へ〜」に感じた瞬間があったら
他人に対しての意識が苦手から関心に変わっているサインです!

ただ、どうしても相手のことが理解出来ない場合
あなた自身が、なぜ辛いのか原因分かると
気持ちが報われたりラクになったりすることもあるので
なかったことにして終わらせないようにだけ心がけていきましょう。

わたしも、なかったことにすることよくやってしまっていたからこそ
口を大にして、自分自身の感情も大切にしていきましょうと伝えていきます。

苦手なひとに対して、こんな個性・こんな面があったんだ!おもしろい!
に変わる瞬間が一緒に気づけるようになれたらいいなと思っています。

おすすめ